MENU

女らしい仕草で友達からステップアップしよう

好意を寄せている男性がいるけど、友達以上の関係になれない。
そんな悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか?
ここでは「あれ?コイツってこんなにかわいかったっけ?」そう思われる女性の仕草をご紹介します。

 

■よく目が合う

この仕草を男性にされると、あなたも気になるのではないでしょうか。
よく目が合うくせにすぐ視線を反らされれば、「あれ?」と思いますよね。
また遠くから視線をそらさず、じっと見つめられたとき「自分の事を見てる?」と意識し始めるものです。
好意を寄せているからこそ互いの視線が合うのですから、よく目が合うということは互いに意識し始めている証拠です。

 

■女性らしさをアピール

首筋、鎖骨、足首。
男には無い細い体のパーツに男性は惹かれるものです。
いくら友達としてしか意識されていなくても、やはりあなたは女性なのですから男性にはない部分を彼の前にさらけ出しましょう。

 

■時には無防備に

下品になってはいけません。
あくまで気付かないフリで、ちょっとだけ無防備にというところがポイントです。
たとえば屈んだときに胸元が見えるとか、足を組んだときに捲れ上がったスカートとかがそうですね。
効果的に使えば驚くほどの彼をドキドキさせることができます。

 

■ガードは固く

風が吹いたときにスカートを押させる仕草や、下に物が落ちたときスカートの中が見えないように気をつけている姿。
それを使い分けることによって、先ほど述べた無防備さが際立ちます。

 

■香り

キツい香水の香りではなく、シャンプーやシャボンの香りに男性は弱いものです。
清潔な印象も与えることが出来るので、自然な香りを軽くつけることをオススメします。

 

■軽いボディータッチ

衣服についたゴミを取ったり、さり気無く肩を叩いてみたり。
意識しない男性はいません。

 

■美味しそうに食べる

みんなでご飯を食べているとき、笑顔で食べている女性は高感度が高いものです。
あまり食べない女性と一緒にでかけても、美味しくないのかな?店のチョイスを間違えたのかな?と気を使わせるばかりです。
ただし、汚い食べ方をする女性はNGです。

 

■時にはスッピンで

自分だけにありのままの姿を見せられると男性はドキッとします。
「急いでいたから」などの理由があると、自分との待ち合わせを優先してくれたのだと思いより一層意識されるでしょう。
いつもスッピンだと逆に男として意識されていないのだと思われますので、注意が必要です。

 

■腕を組む

人が多い場所ではぐれないように、と腕を組まれると間違いなく男性は意識します。
女性より男性のほうが保護欲が強いので、その本能を利用するのです。
付き合っていない男性なので、過度なスキンシップはやりすぎですが、服の裾を掴む感じで触れられるとドキドキすること間違いなしでしょう。

 

■家庭的

テーブルの汚れを拭いていたり、みんなが脱ぎ散らした靴を揃えてみる。
ボタンがのいているからと縫い直してくれる。
そんな仕草は家庭的な印象を与えます。
世話を焼くのが好きな女性に男性は弱いものです。

 

いかかでしたか?
やり過ぎには注意ですが、女性らしさをアピールすることで友達から恋人へステップアップすることも十分可能ですよ。