MENU

合コンを充実させるための会話ハウツー三か条

恋愛や婚活につながる手段として、合コンは根強い人気があります。
しかし、その日集まるメンバーとは初対面となります。
その状況でスムーズに会話するのは、意外と難しいものです。
そこで、合コンでの会話にまつわるハウツーをまとめました。

 

その1・その場のムードをよく見極める

 

合コンでは、数時間の中でいろいろな人と交流できます。
そこで大切なのは、その場のムードをよく見極め、なるべく会話を盛り上げることです。
たとえば、「初対面の人と話すのは苦手」ということで自分の殻に閉じこもっていては、合コンのムードが台無しになります。
みんなが盛り上がっていたら自分も会話に加わり、相槌や質問などを積極的にしてみましょう。
あるいは、「会話がうまい知人もメンバーに加える」「簡単なゲームなどを準備して、自然と会話が弾むようにする」などの対策を取るのも有効です。
それぞれが一体になって盛り上がれば、「楽しい合コンだった」と満足できるはずです。
そのことが互いへの高評価につながり、恋愛関係に発展する可能性もあります。
事前にさまざまな局面をシミュレーションし、充実感のある合コンを演出しましょう。

 

その2・リラックスして合コンに臨む

 

合コンは、恋人探しの場として活用されています。
特に三十代以降の人が集まる合コンでは、結婚を視野に入れて出会いを求めるケースが多くなります。
ただ、だからといって必要以上に自分を飾ったり、自慢話を披露したりするのはNGです。
むしろ、合コンでは等身大の自分を前面に押し出すべきだといえます。
そもそも、数時間の合コンの中で互いのすべてを把握することはできません。
それに、相手との出会いがこの場限りとなる可能性も否定できません。
だからこそ、自分を大きく見せようとするのは無意味なのです。
逆に、ニュートラルな姿勢でその場の雰囲気を盛り上げ、楽しむことが必要となります。
すると、波長の合う人との会話が弾み、新たな出会いが得られるはずです。

 

その3・会話のネタは臨機応変に考える

 

合コンでは初対面の人と話すため、共通の話題を見つけにくいものです。
そこで、初めは当たり障りのないテーマから会話の糸口をつかみましょう。
たとえば、現在はまっていることや仕事の内容、飼っているペットの話、好きなテレビ番組やタレントなどの話などが無難です。
さらに、合コン会場となっているお店のことや、料理などの話を振るのも良いでしょう。
会話する相手の対応や話しぶりを見つつ、臨機応変に話題を考えるのがコツだといえます。
「会話が苦手だ」という人の場合は、これらの質問を相手に投げかけるのがおすすめです。
その答えに対して適切なリアクションをすれば、良いコミュニケーションが取れます。
相手に気持ち良く話してもらうことも、会話術の重要なポイントだといえます。

 

おわりに

 

合コンはいろいろな人と知り合うだけでなく、お店の雰囲気や食事、お酒なども楽しむチャンスです。
場数を踏むことで、自分の会話術もどんどん進化していきます。
そして自信がつき、出会いをつかむ確率が高くなります。
素敵な恋に向かって、自然体で合コンに臨んでみてください。