MENU

女性にはなかなか伝わらない?男性なりの必死なアプローチ方法

男性のなかにはナンパを呼吸をするように自然にできる人や、簡単に女性を口説いたり甘い言葉を平気でささやける人がいますが、そんな男性は少数派、大多数の男性は恥ずかしくて、女性にアプローチをかけるのもドキドキしています。

 

ところが、そんな必死なアプローチしているのにもかかわらず、女性側は案外気がついていない場合が多いのも事実です。

 

もしそのアプローチ信号を出しているのが、あなたの好きな人だったのなら、恋のチャンスをみすみす逃しています!そんなもったいないことにならないように、男性がやりがちで気づきにくいアプローチ方法をアドバイスします。

 

●女性にはなかなか伝わらない?男性なりの必死なアプローチ方法

 

・勇気をふりしぼって言った「○○ちゃんって本当にカワイイよね〜」
自分の事をカワイイと思っていない女性にこのセリフを言ったとしたら、うれしいとは思うかもしれませんが、あまり本気の言葉としては受け止めてもらえず、せいぜいお世辞を言われたとしか感じません。

 

もし何度も繰り返し言ってくれるのならば、女性に気持ちがある証拠かもしれませんね。

 

・何の約束もしていないのに、突然電話電話をしてきた
何の約束もしていないのに女性に電話をかけるという行為は、男性にとってかなりハードルの高い作業です。

 

普段あまり共通点のない人からの電話なら、なおのことあなたに気があるのかもしれません。

 

・食事の約束をして待ち合わせ場所に行ったら、花束を持って待っていた
告白もされていない男性が、いきなり花束を持って待っていたら、おどろいたり何のギャグ?と思うかもしれませんが、男性本人は大真面目です。テレビや映画の観すぎと笑わずに、真剣に受け止めてあげましょう。

 

・悩んでいる時に「オレが力になれるのなら何でも言って!すぐに行くから!」
好きな女性が悩んでいる、困っている、何かしてあげたいと思って声をかける男性はよくいますが、あまり親しくない関係の人ならば、女性はなかなか頼ったりはしませんよね?

 

でも、親しくなくてもよく声をかけてくれるようならば、あなたに気があるのかもしれません。

 

・「他の子にはこんな事しないよ?」
他の女性にはこんな事しないし、君だからしてあげている、そうアピールしているつもりでも、女性にはなかなか伝わらないようです。

 

あなたの荷物や仕事を積極的に引き受けてくれるようならば、あなたに好意をもっている可能性大です。

 

・誕生日に装飾品をくれた
本来ならば恋人がこういった類の物を贈るのが常識ですが、自分の気持ちが先走りして装飾品を好きな人に贈ってしまう男性もいます。

 

彼氏でもない人からのプレゼントは、受け取るだけで承認の証としてとらえる人もいますので、気をつけるようにしましょう。

 

おわりに

 

男性からは精一杯のアプローチでも、女性からしたら、アプローチなのかただのお世辞なのかわからない事があります。

 

特に日本人は、ほめ言葉をお世辞としてとらえてしまう傾向があるので、本気の言葉もお世辞でしょ?と軽くながしてしまいがちです。

 

ほめられたら「ありがとう」とにっこり笑って答えれるようになっておいた方が、恋も生まれやすいかもしれませんね。